So-net無料ブログ作成

三島由紀夫、潮騒:神島監的哨 [フリューレン村だより]

                                                    .by ぼくあずさ

.

潮の流れの急な海峡の先に初めて神島を見たのは1963年5月のこと。1970年11月に三嶋由紀夫が割腹自殺。1981年の秋、念願の神島を訪ねた。八代神社の急で長い石段を登り、燈台の裏手から急な山道をたどりようやく監的哨へ。小説に描写されたとおり1階中央部に焚き火跡があった。島中を歩いたが観光客に出会うことはなく、潮騒の舞台になったことは知られていなかった。

.

あれから30年が過ぎた今年春、伊勢神宮参拝と神島再渡を計画したが、311の東北大地震でとり止めた。私の記憶に残る神島の監的哨、初江・新冶が恋に落ちた聖地。つい先日、立ち入り禁止の記事を読む。その変貌した佇まいに衝撃を受けた。過疎化の波は容赦なく孤島に伝えられてきた漁師の生活を脅かす。伊良湖港と結ぶ観光航路も廃止され、鳥羽港からの観光船は神島の沖合を行く。再び私が訪ねることはないかもしれない。 

.

潮騒 [フリューレン村だより]

http://dorflueren.blog.so-net.ne.jp/2010-09-25-3 

がんばれ東電 -6:計画停電、菅首相の危険なパフォーマンス [エネルギー]

http://dorflueren.blog.so-net.ne.jp/2011-04-14-1 

神島監的哨 U-tube

http://www.youtube.com/watch?v=etadUifSUFE 

名作の地、三重県神島

http://www.zusi.net/meisaku/siosai/siosai.htm 

映画「潮騒」ロケ地・監的哨、まだ入れません

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111103-OYT1T00377.htm 


nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

nice! 8

コメント 3

絵かきさん

私も潮騒を読んでいます。
三島さんのお家を過ぎて知人のお家が
ありましたので、複雑な思いでした。
刻はたくさん流れても・・忘れることは
ありません。
by 絵かきさん (2011-11-04 09:52) 

村尾鐵男

三島由紀夫の古式に則った自害。昭和45年11月25日、水曜日のことでした。今でもよく覚えています。
仕事を終えて、たまたま実家に用事があって、地下鉄四谷三丁目駅から当時の防衛庁へ向かって歩き、合羽橋に差し掛かった頃、上空をヘリコプターが乱舞しており、何かが起きたと察しました。
実家へ着いて事件のあらましを聞いて驚きました。彼が結成した「楯の会」はその後どうなったのでしょうか。
三島由紀夫が生きていたら、今の政治と世相を何と言うか。情けなくて自害もできないでしょう。
by 村尾鐵男 (2011-11-04 11:58) 

ぼくあずさ

絵かきさん、村尾さん
コメントありがとうございます。ショッキングな事件でした。

アルマさん、kohtyanさん、rtfkさん
ご訪問とnice ありがとうございます。
by ぼくあずさ (2011-11-04 14:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1