So-net無料ブログ作成

三菱F-2戦闘機:F-16から生まれた平成のゼロファイター [日本]

                           by ぼくあずさ

尖閣・沖縄侵略を公言する習独裁政権が続く限り、日本の国防問題に
日本人は無関心でいられない。
昨年7月に中韓軍事同盟を結んだ中国は周辺国侵略、韓国は海自との
海戦と武器輸出を目指す現実がある。

現在空自の主力戦闘機F-2の開発と戦闘能力増強について私なりの
認識を紹介します。

(1)日米貿易摩擦が盛んな1990年、米国は日本の自主開発を拒否。
(2)日本側の妥協によりF-16をベースに翼面積+25%に決定。
(3)米国がフライバイワイヤー技術開示拒否、CCV(運動機能向上機)
     を日本独自開発、三菱電機のJ/APG-1・AESA(アクティブ式電子
    
走査アレイ)Xバンドレーダーを搭載。
(4)レーダーの搭載に合わせレドームとエア・インテークを改造。
(5)日本の技術も取り入れた統合電子戦システム(IEWS)も装備。
(6)レーダー警戒装置(ESM)等による脅威識別・警戒機能とECM/
   チャフ/フレア等の脅威対抗機能を統合制御する効率的な電子戦。

XASM-3長距離超高速対艦ミサイル 
XASM-3


空自F-2戦闘機に搭載されるラムジェットエンジン最新鋭ミサイル射程150㌔、マッハ5の性能をもつ。


ぼくあずさのコメント:

(1)空自操縦士はF-2の操縦性能はF-16より優れていると報告。
(2)Xバンドレーダーにより敵艦および敵戦闘機を索敵可能。
(3)XASM-3搭載を前提にした翼面積増設計。
(4)XASM-3ミサイルにより空母を含む大型敵艦を長距離攻撃。
(5)XASM-3は日英軍事協力による共同研究対象?

空自F2戦闘機 スクランブル [日本]
http://dorflueren.blog.so-net.ne.jp/2014-11-05
【航空自衛隊】対艦ミサイルXASM-3!画像,動画,射程,岐阜基地?
http://kaito1412.wp-x.jp/xasm3-%E8%88%AA%E7%A9%BA%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A-%E7%94%BB%E5%83%8F-%E5%8B%95%E7%94%BB-219
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:blog

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5