So-net無料ブログ作成
戦争の記憶 ブログトップ
前の30件 | -

なぜ日本人は知らない? - 開戦の原因「ハルノート」 [戦争の記憶]

                by ぼくあずさ

なぜ日本人は知らない? - 開戦の原因「ハルノート」
の中身

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡 [戦争の記憶]

                   by ぼくあずさ

根本中将が金門島を死守したことは聞いていたが、蒋介石が
日本留学組とは初めて知りました。
中国の名門大学の教授連は中国共産党の指導部の多くが早稲田
大学留学を経験していると口を揃えて教えて呉れました。

台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡
https://www.youtube.com/watch?v=bgxKmScdT_s

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

国際政治学者・藤井厳喜の講演録 日本人が知らない太平洋戦争の大嘘 [戦争の記憶]

                by ぼくあずさ

国際政治学者・藤井厳喜の講義録
日本人が知らない太平洋戦争の大嘘
http://www.worldforecast.jp/lp/fukota/adw.html
雪の霧降高原360度
http://kotarobs.blog.so-net.ne.jp/2017-12-31?comment_success=2018-01-03T19:48:33&time=1514976513

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

早期退職して15年…群馬・太田市のエンジニア(70)が陸軍四式戦闘機「疾風」(キ84)復元中 [戦争の記憶]

                by ぼくあずさ

早期退職して15年…群馬・太田市のエンジニア(70)が
陸軍四式戦闘機「疾風」(キ84)復元中
http://www.sankei.com/premium/news/171231/prm1712310007-n1.html

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

【衝撃】列強国が日本を植民地にできなかった理由がとんでもなく凄い。 [戦争の記憶]

                by ぼくあずさ

【衝撃】列強国が日本を植民地にできなかった理由がとんでも
なく凄い。
https://www.youtube.com/watch?v=7nk-6cEHaVk

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

靖国神社 [戦争の記憶]

                by ぼくあずさ

【衝撃】訪日中国人が靖国神社で気付いた「反日」の矛盾
「今まで習ったこととは全く違っていた」【海外の反応】
https://www.youtube.com/watch?v=fVfPH1j33M0

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

お礼の飯盒「返したい」 元日本人兵「池村さん」どこへ [戦争の記憶]

                by ぼくあずさ

モスクワウクライナホテル近くのロシア輸入公社の露・英語

通訳の女性にセイコーの腕時計を差上げた。顧客からの的確な
質問から能力の高さが知れた。帰国後商談成立。
彼女の定年退職最後の通訳でした。
今も大切にされていると思います・・・。


お礼の飯盒「返したい」 元日本人兵「池村さん」どこへ
http://www.asahi.com/articles/ASKDJ3QNQKDJPTIL007.html?iref=comtop_8_01

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

伊402とみられる潜水艦 [戦争の記憶]

                   by ぼくあずさ

伊402とみられる潜水艦、日本テレビが五島列島沖で発見

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

東芝の悲劇 [戦争の記憶]

                                                                     byぼくあずさ

7時起床、室温15℃、金沢区晴れ10℃。昨日の久しぶりの野島公園での花見で
疲れたので、よく眠れました。麻雀(スズメ)の囀りを聞きながら最初の1000歩を
始めます。

中国ではこの時期は「清明节(Qīng míng jié)清明節」と呼ばれ三連休。
雑誌の名前は「日本真惠玩(Rì běn zhēn huì wán)」と名付けられたフリーペーパー。
少し硬い表現ですが「本当に有益に遊べる日本」という感じです。

東芝はなぜGEになれなかったのか
http://japanese.joins.com/article/670/227670.html?servcode=300&sectcode=300
 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

「大東亜戦争」を評価する記念碑を建てた台湾。 [戦争の記憶]

                                                                     by ぼくあずさ

反日の韓国が亡びれば東南アジアに「大東亜戦争」再評価の声が上がる可能性がある。
是にはバブル経済の中国の経済崩壊が前提になる。


沖縄に「大東亜戦争」を評価する記念碑を建てた台湾。台湾政策が劇的に変わる【評論家・江崎道朗】
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%81%ab%e3%80%8c%
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

リチュム電池 [戦争の記憶]

                                                   by ぼくあずさ


リチウムイオン二次電池市場、2020年は5.5倍に膨らむ
http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/832798/1

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

米軍部隊、日本本土初攻撃隊員たち、それぞれの運命 [戦争の記憶]

                           by ぼくあずさ

縁故疎開先の西多摩郡増戸村伊奈の母の生家の庭から阿伎留野の
上空で帝都爆撃に向かうB29の編隊に体当たり攻撃する我が戦闘機
が首尾良く墜落させた敵機からパラシュートで落ちて来た。白煙を引き
ながら逃走するのもいた。

捕えられた敵兵の運命は当時想像通り極めて過酷なものでした。


米軍部隊、日本本土初攻撃の記憶<5> 隊員たち、それぞれの運命
http://www.cnn.co.jp/fringe/35092764.html?tag=top;subStory

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

特攻機の捨身の体当たり攻撃 [戦争の記憶]

                                                   by ぼくあずさ

終戦直前、帝都爆撃にむかう米空軍B29の編隊が阿伎留野原の上空
で迎え撃つ大日本帝国空軍の特攻機が体当たり攻撃する姿を目撃
しました。首尾よくB29の大きな主翼が胴体からもげゆっくりと弧を描き
墜落する時は歓声を上げました。むなしい最後の抵抗でした。


【重爆特攻隊「菊水隊」の真実】落下傘・救命胴衣脱ぎ捨てて…護衛なき特攻、被弾した僚機の軍曹は手を振っていた

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

櫻井よしこ:米国「根絶の政策」からいかに決別するか? [戦争の記憶]

                                                   by ぼくあずさ

自衛隊の最新兵器早期導入と日頃の訓練が大切。


米国「根絶の政策」からいかに決別するか? 中国との力の差は
拡大するばかり
http://www.sankei.com/premium/news/161205/prm1612050007-n1.html

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

国産ステルス戦闘機心神X-2 [戦争の記憶]

                                                   by ぼくあずさ

太平洋戦争の末期の米空軍爆撃機B29に大帝国空軍の戦闘機は
体当たり攻撃で対抗する惨めな戦でした。

中国軍の執拗な威嚇と開戦唆しを断固対抗、沖縄・九州侵攻を防ぐ為
に国産ステルス戦闘機F3の完成が待たれます。


国産ステルス戦闘機が飛行試験 引き渡し後初めて
http://www.sankei.com/politics/photos/161129/plt1611290023-p1.html
【国産ステルス戦闘機 まとめ読み】
引き渡し後初めての飛行試験 「軍事情勢」野口裕之記者のリポート
などから開発の足跡を振り返る
http://www.sankei.com/politics/news/161130/plt1611300018-n1.html

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ソロモン諸島フロリダ島 [戦争の記憶]

                                                   by ぼくあずさ

ラバウルのあるパラオに中国の魔の手が伸びているそうです。
旧帝国海・空軍の大基地を習近平が進める西太平洋支配の拠点に
する計画です!!!  一日も早く中国がハードランディングして軍拡を
諦める日が来ることを願っています。



南洋、激戦の証人 ソロモン諸島フロリダ島
http://news.asahi.com/c/ahkTaY8tfwttvXa9
ラバウル小唄
https://www.youtube.com/watch?v=-vAC0tt6kjc
パラオ国旗と日本勇士 - YouTube
ウリナラの建築技術は世界一(パラオ編) - YouTube






nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

南昌「渡洋爆撃」 [戦争の記憶]

                                                   by ぼくあずさ

1972年秋、日中国交回復直前、文化大革命中の上海にFD・中国
技術交流団の一員として出張した。その帰国はベンチシートの小型
双発機(軍用機)で先ず南昌へ飛んだ。此処は支那事変当時の昭和
11年(AC1936)に「渡洋爆撃」した飛行場でした。
私が生まれる3年前の出来事でしたが、南昌の地名は直ぐ思い浮かび
ました。


渡洋爆撃・・・日中戦争(支那事変)と陸攻・・・
http://ktymtskz.my.coocan.jp/J/JP/attack4.htm

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

日本海海戦後百年 [戦争の記憶]

                           by ぼくあずさ

対馬が幕末に半年間もロシア軍に占領されていたことを初めて
知りました。


聯合艦隊は何故ロシアに勝てたのか。
http://ironna.jp/theme/274

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

神風特攻隊はテロリストではない! [戦争の記憶]

                           by ぼくあずさ

信州の山荘で避暑生活中の会社時代の先輩から今年も「種なし巨峰」
が届いた。元気な頃の私は渋沢駅で巨峰を買い込み、バス停から
2時間程林道を歩いた処にある水無川源流と丹沢山塊の崖を見渡せる
崖上の水場で冷やして食べたものです。

モコちゃんの仲良しのシベリアンハスキー犬のチョビ君が軽井沢で
の避暑から久しぶりに戻り、朝晩の散歩が愉しくなります。

サンマリノ共和国のカデロ大使はこう断じた…「カミカゼはテロリスト
ではない」「日本人のユニークさの根源は神道だ」
http://www.sankei.com/premium/news/160909/prm1609090007-n1.html

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

原節子 朝満国境で機関銃を撃つ  [戦争の記憶]

                                                   by ぼくあずさ

終戦の年に縁故疎開先の西多摩郡増戸村国民学校に入学した私、
戦中派です。原節子のブロマイドが自宅にあった気がする。
甲種合格の父は母と結婚する前、朝満国境に近い軍都羅南で兵役に
就いていました。羅南時代の兵舎内の父の写真は多数残っています
が朝鮮人の生活を知る写真は皆無です。母から伝え聞いている羅南
の冬は極寒の地で、結氷した豆満江を戦車が走行していたそうです。

原節子が戦後も銀幕で活躍したことを知りませんでした。
”無駄な事は棄てる”子供のころからの信条と無関係ではありません。


原節子 朝満国境で機関銃を撃つ
http://ironna.jp/article/2421
原節子の代表作ベスト10
                                                                          

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

第二次世界大戦 [戦争の記憶]

                                                   by ぼくあずさ

ガクアジサイ
















早朝4時にホトトギスの鳴き声で目覚め。庭のガクアジサイが咲き
始めました。

[速報]6月3日9時、函館の山中に両親に放置された男の子が6日
ぶりに4㌔離れた自衛隊演習地の建物内で無事発見されました。
函館病院にヘリで搬送され、元気を回復したそうです。☆パチパチ☆

終戦の玉音放送を縁故疎開先の都下西多摩郡増戸村の母の生家の
庭に集まった近所の人たちに混ざって聴きました。その年の四月に
国民学校に入学していました。帝都東京を空襲する為に上空を飛ぶ
B29の大編隊の連続した轟音、東の阿伎留野の空で急降下体当たり
する我が戦闘機の特別攻撃、私が生まれ育った田端の実家も
3月10日の東京大空襲で焼失しました。

甲種合格で3度も戦場に送られた父は家業の材木屋を焼け跡に
再開途上、無理が祟り41歳で病死。(March.1947)父の武市
(日本一の材木商)時代の仲間たち(福島・栃木の製材所の跡取り
息子)や母の生家から材木が続々と送られ、大変繁盛しました。

朝夕進駐軍の戦車が隊列を組んで明治道りを威嚇しながら走り、
上野恩賜公園は戦災浮浪者で溢れている時代でした。

ぼくあずさのコメント:

(1)次男坊の私は迷うことなく早稲田の理工を受験しました。
     機械科を選んだのは惨めな戦争体験で日米の機械技術力差を
     知り、仕返しをしたいとの思いが動機です。
(2)東海村に英国コールダーホール型原子力発電所を第一原子力
     Gr.に属し原子炉本体を製造中のFDに入社、2ヶ月間の工場
     実習終了後の面接で原子力要員として入社の私でしたが蒸気
     タービン設計を希望しました。

     同期入社のYさんも加わり、蒸気タービン設計の熱計算Gr.は
     係長(京大機械)、係員4名(東大機械3名と早大機械の私)
    頭の良い
人たちに囲まれた毎日は大学でも同様、とても愉しい
     ものでした。その後の長いSiemensやドイツとの付き合いに繋が
    る会社生活の幸運なスタートでした。

日本が戦争に突き進んだ本当の理由
http://www.prideandhistory.jp/nikoumj/contents/000war_ycd.php?utm_source=ycd&utm_medium=yahoojp-afpbbcom


nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

インテリボヘミアン氏 [戦争の記憶]

                                                   by ぼくあずさ

2年前100日間を磯子脳血管治療センターでリハビリ生活をした私、
朝鮮部落で育った人、足立のバタヤ部落出身のインテリボヘミアン氏
とお喋りする貴重な体験をした。今頃彼等はどうしているだろうか、ふと
脳裏に浮かぶことがある。

人は両親や祖国を選べない。これが悲しみの始まりになる。当人の
責任ではない。宿命と呼ばれるもの。


[ルポ]朝鮮人のルーツを持つ日本人の自分探しの旅(1)
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/22245.html
[ルポ]朝鮮人のルーツを持つ日本人の自分探しの旅(2)
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/22246.html


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

戦後初めて日本上空を飛ぶゼロ戦 [戦争の記憶]

                                                   by ぼくあずさ

国の為大空に散った多くの英霊に合掌!


飛行するゼロ戦(動画)
http://www.sankei.com/west/news/160127/wst1601270114-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/160128/prm1601280008-n1.html

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

靖国神社と知覧 [戦争の記憶]

                                                   by ぼくあずさ

私は知覧を訪ねたいと願いながら、未だ機会がない。


安倍首相夫人、8月に続いて再び靖国に参拝
http://japanese.joins.com/article/133/210133.html

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

タシケントの日本人捕虜 [戦争の記憶]

                                                   by ぼくあずさ

ボヘミアンに憬れた学生時代から旅とスキーは今や愉しい想い出に
蘇る。netで記事を読み、気に入れば動画を探す。今朝も食事前の
日課2000歩を済ます。学友から福井の旅のメールが届いた。足が
不自由出なければ直ぐにでも訪ねたいものだ。越前カニも魅力だ。
現役時代に客先の接待で越前岬の料理屋旅館に泊まった。


古美術鑑定家 中島誠之助 恥ずべき仕事はしない『日本兵捕虜は
シルクロードにオペラハウスを建てた』嶌信彦著
http://www.sankei.com/life/news/151226/lif1512260013-n1.html
奇跡の劇場
http://int.search.tb.ask.com/search/video.jhtml?searchfor=%E3%82%BF%E3%82%B7%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%80%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9&p2=^BBQ^xdm328^LAJAJP^jp&n=781bfdf9&ss=sub&st=hp&ptb=C105E982-08E3-42D5-B12D-3F12082EB21E&si=CLiLgsDBp8gCFQoIvAodZP8FHg&tpr=sbt

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

日本の銭湯 [戦争の記憶]

                                                  by ぼくあずさ

終戦直後1回だけ町の銭湯に入ったことがある。温泉の共同風呂や
露天ふろは抵抗なく入れるのに。

老人に月3回まで1回200円では、老人銭湯になってしまいそうです。
今まで一番印象に残っているのは尾瀬へ行く途中にある木賊温泉の
岩をくり貫いた露天ふろ。バス停から随分と歩きました。


日本情緒あふれる「銭湯」、外国人にも気軽に利用してもらいたい
―「銭湯指差し案内マニュアル」、多言語にも対応―活性化へ
アノ手コノ手
http://www.recordchina.co.jp/a125484.html
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

郷に入れば郷に従え?@ミャンマー [戦争の記憶]

                           by ぼくあずさ

無賃乗車でしょうか?
終戦直後、東京駅発の汽車に乗って焼津まで6時間半の長旅、
乗車は窓から車室に押し込まれました。夏休みに藤枝の大手にある
伯母宅へ遊びに出掛けた折のことです。静岡は豊かな土地でした。


ミャンマー、命知らずな列車の乗り方
http://videoclip.club/post-2979/

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の30件 | - 戦争の記憶 ブログトップ