So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

杉浦氏と永井氏 [フリューレン村だより]

                by ぼくあずさ

母方のFamilie Gedichte の調査が略終わりに近い今、杉浦氏と
と同じ三河出身で265年間徳川幕府の重臣を務めた永井氏の
姓が度々見かけられる。杉浦氏と永井氏の関係が気になる。


三浦一族の杉山氏は和田氏を名乗っていた。鎌倉内の和田の
合戦に北条に敗れた和田氏は近江に逃れ杉浦氏に改名。
徳川三代四代将軍時代には勘定奉行を務め、幕末には徳川慶喜
の大奥に一色須賀を送り込んでいる。一色氏は杉浦の養子、

慶喜より一色の姓を賜る。和田と一色は共に三浦半島相模湾に
面した海岸に地名を残す。

幕府の若年寄佐幕派永井尚志は薩摩屋敷の焼き討ち後征薩派に

なる。彼のアドバイスで慶喜は上野寛永寺内に蟄居、鳥羽伏見の

戦いに敗れ水戸へ、更に駿府へ移動した。

三浦荒磯に長井城跡と思われる処があるがハッキリしない。
永井一族は豊臣の配下から徳川に寝返った。三浦一族ではない。
功を求め好戦的な幕末の永井は慶喜の信を失った。
他方杉浦氏は長篠の戦や甲州征伐に積極的には参加せず、
直轄地の信州伊那や武蔵伊奈村を統治する役目を仰せつかった。



徳川慶喜の幕末・明治

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。